転職の前後で抑えるべきこと

 転職という選択肢は、絶対の答えがあるものではありません。

 

 極端に言えばこれまでの安定した毎日から、転職する間、無収入になったりと多少不安定な日々を超えて再び安定した毎日に向かうための作業ですから、とにかく安定を求めている人には不向きな作業かもしれません。

 

 現状の仕事ではスキルアップが望めなかったり、給料が少なかったり、労働環境が劣悪であったり、人間関係が上手くいかないといった切迫する理由で転職する場合であったり、現状には不満がないけど、さらなる高みへ登るための転職を考えている人でも、まずは自分がどれほどのものか判断することから始めましょう。

 

 どれほどのスキルをもっているのか、どれだけ特技があり、得意なことがあるのかなど、改めて見つめなおすことで自分が自信を持って誇れること、自分に足りないものなどが見えてくるはずですから、まずはそこを整理して、足りないものがあると感じればそこを補っていく努力をすることで、転職時も有利に働くことでしょう。

 

 転職先をよく調べあげたり、応募したり面接を受けるなどすることはもちろんしっかりとすべきですが、そこで弊害として起こりがちなのが現状の働き先で手を抜いてしまったり、転職するからと無気力になってしまうことです。

 

 転職作業に体力や労力を割くことで現状の仕事に多少の影響がでるというは仕方がないこととはいえ、仕事量が減ったりミスが目立つということは出来るだけ避ける方がいいですし、転職先が決まって見通しがついたとしても、現状の職場を離れるまではしっかりと働くべきですし、引き継ぎなどもしっかりと行うべきです。

 

【おすすめサイトのご紹介】
50歳からの転職成功法
50歳からの転職まだまだ諦めてはいけません!

 

朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト

 

 これまでの会社、その仲間とも良好な関係で別れた方が次の会社に行っても気持ちが晴れやかですし、前の会社の仲間の力が必要になる時がくるかもしれませんから、良好な関係はなによりも大事です。次の会社で働いている中、前の会社から問い合わせなどを受けるトラブルも避けられますし、悪影響を取り除くためにもしっかりと働きぬいて、転職をしましょう。