面接において大切な姿勢と独自性について

面接は臨む姿勢が大切

 転職を目指して求人を出している企業に応募し、いよいよ面接に臨むという場合には確認しておきたいことがあります。面接では短い時間で自己アピールをしなければなりませんし、面接官の質問に適切に返答することが求められます。

 

 しかし、あまりに受け答えだけに気をとられ、基本的に大切なことを見落としてはいけません。基本的に大切なこととは、面接に臨む姿勢です。面接では面接官に与える印象が何よりも重要であり、必ずしも上手く受け答えができるか否かではありません。心は姿勢に表れると言われますが、しっかりとした姿勢を保って凛とした姿勢で面接に臨みましょう。

 

面接では自分にしかないアピールをしよう

 通常、企業の求人には多くの応募があるものです。その応募者の中で自分が採用されるためには、いかに面接官に良い印象を与えることができるかがポイントになります。他の応募者と似通った受け答えをしているだけでは、多くの応募者の中で埋没してしまい印象が薄いものになってしまいます。

 

 そのため、面接を受ける際には、自分にしかない独自性を必ず1つは残せるように努めましょう。例えば、自分はこれだけは人に負けないというスキルや経験をアピールしたり、人一倍の情熱を持ってアピールしたりすることで印象に残りやすくなります。他の応募者と違う独自性をアピールすることができれば、少なくとも面接官の印象に残りやすくなります。印象が企業のニーズに合致していれば、採用されやすくなりますので是非とも心がけたいものです。