第一選考に残るために必要なこと

提出書類は必ず揃える

 転職する際に一番初めに行うのが履歴書をはじめとした必要書類を転職を希望する企業に送ることです。たいていの場合、履歴書を見ただけでは転職希望者の詳しい人となりは理解されません。そのため必要書類の提出は転職希望者がしっかりとした責任感のある人かどうかを確認するためのものであることが多く、転職者にとってはいわば最初の転職試験となるわけです。

 

 ここで書類が足りなかったり定収期限までに送ることができなかった場合、その人は責任感のない人、もしくは注意深くない人という判断がなされ、第一選考で落とされてしまうことがあります。

 

履歴書の記入は慎重に

 履歴書に記入する情報は確実、かつやる気をアピールするものであるべきです。たとえば学歴や職歴欄に不明瞭な点がある場合、その人が示す情報の信憑性が疑われてしまいます。

 

 またたくさんの企業の転職試験を同時に受けてどれか一つに合格すればよいという気持ちで一度にたくさんの履歴書を書き、それをそれぞれの企業に送る人がいます。そのような人は学歴や職歴欄での書き落としが多く、人事部のベテランの社員はそのような人をすぐに見抜きます。そのためたとえこのような状況にあるわけではないとしても書き落としがないように注意し、疑われることがないようにしなければなりません。